Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/useddomain/public_html/www.stamplynx.com/hikaku/swap.html on line 15

Warning: file(http://www.e-information.biz/sys/link/36) [function.file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /virtual/useddomain/public_html/www.stamplynx.com/hikaku/swap.html on line 15

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /virtual/useddomain/public_html/www.stamplynx.com/hikaku/swap.html on line 17

スワップ金利の高い人気のFX業者を比較

Thank you for visiting my site.

スワップ金利とは

高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば、金利差調整分をスワップ金利として受け取ることが出来ます。
逆に低金利の通貨を買い、高金利の通貨を売れば、金利差調整分を支払うことになります。

スワップ金利の加減は、ポジションを翌日にロールオーバー(持ち越し)したときに行われます。 ロールオーバーは、ニューヨーク時間午後5時(東京時間午前7時:NY冬時間時)に行われますので、その時点で持っているポジションに対して、スワップ金利が加減されます。

買いポジション(買売種別:B)・・・当該通貨ペアの買金利が加減されます。
売りポジション(買売種別:S)・・・当該通貨ペアの売金利が加減されます。

毎週、水曜日ニューヨーク時間午後5時(東京時間:木曜日午前7時)は、スワップ金利が3日分加減されます。
※ 土・日曜日、祝祭日については、スワップ金利の加減はされませんが計算には入っています。
※ 祝祭日は別計算となります。

スワップ金利の高いFX業者を比較

var sc_remove_link=1; //]]> function gtag() { dataLayer.push(arguments); } window.dataLayer = window.dataLayer || [];

※1万通貨を買った場合の、1日あたりのスワップ金利で比較しています。
※スワップ金額はFX会社にて予告なく変更される場合があります。

スワップ金利の高い人気の通貨

スワップ金利で利益を得ようとしているFXトレーダーに人気がある通貨には、南アフリカランド、アイスランドクローナ、トルコリラなどがあります。 例えば、トルコリラは政策金利16.75%(2008年7月現在)という超高金利通貨です。 初心者がスワップ金利狙いで始めるには、非常に魅力のある通貨ですね。

上の例で計算をするとトルコリラのスワップ金利は、1万トルコリラ(約80万円)で約300円。 これを年利換算すると、なんと13%の金利になります。 しかも多くのFX会社で使うことができるレバレッジを利用すれば、より大きなリターンが期待できるのです。

トルコリラは対円取引ならスワップ収益が非常によいので、低いレバレッジでの運用でも充分な利益が見込めます。 南アフリカランド、アイスランドクローナ、トルコリラなどはFXトレーダーにとって非常に魅力的な通貨となっており、 初心者がスワップ金利で利益確定するのに狙いやすい通貨といえます。

初心者・主婦トレーダーに人気の高いスワップ金利

});